大人も子供も今も昔も

五月人形といえばおすすめの通販サイトがあるので一度こちらのサイトをチェックしてみてはいかがですか?

女の子に贈ってあげたい雛人形は通販でも購入出来ますよね。狭い部屋でも飾れる立派な雛人形もたくさんありますよ。

「明かりをつけましょぼんぼりに」というフレーズを聞いたことのない日本人はおそらくいないと思われます。それほどポピュラーな歌であり正月の歌やクリスマスソングでも使われている有名な曲の題材になっているお祭り。それがひな祭りです。「明かりをつけましょ爆弾に」という替え歌のフレーズはインターネットの普及していない昔から広まっており、どこが起源なのかはわかりませんがこれも興味深い内容です。
それはともかく、昔からの行事のお話です。

ひな祭りは桃の節句といい、この時に雛人形が各家庭に飾られています。筆者の家では毎年毎年3月の中頃まで雛人形が飾られていたのですが、今年は新たに我が家の家族になった猫が顔をかじったり襲いかかっていたので3月3日を待たずして箱に収められることになりました。そのご利益か姉が結婚することになりました。来年には僕はおじになるそうです。後は呪いが降りかからないように祈るだけです。

雛人形もですが、五月人形も有名です。これは雛人形に比べては飾られてることは若干少ないのですが、五月人形は調べてみるとこれが結構面白いことが多かったので雛人形と合わせて五月人形のお話もして行きたいと思っています。
というわけで五月人形や雛人形を飾る日である端午の節句や桃の節句。それには一体どんな意味が込められているのか。また、雛人形や五月人形のモデルは誰なのか。そういったことも今回紹介して行きたいと思います。
ただ飾るのではなくその人形の後ろのエピソードを知るというのは面白く、是非興味がおありならお読みになってください。日本の人形師などもついでに紹介しちゃいますので。あと筆者の嫌な人形の思い出もついでに。

Comments are closed.

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし